民事信託 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

トップページ > ブログ > 成年後見 > 民事信託

ブログ

成年後見

19年07月24日

民事信託

成年後見との関係での民事信託について


  民事信託の言葉をお聞きしたことがありますか?
  
  成年後見制度との関係において簡単にご説明させていただきます。
  まず初めに 民事信託の仕組みや詳細等はかなり複雑なので、
  さわりの部分のみになりますが、
  
  民事信託は 平成18年に信託法という法律が大改正されて、
  翌19年に施行された制度で、
  その主旨から別名「家族信託」ともよばれています。
  
  家族に資産の管理・処分を任せる仕組みになっており、
  委任契約・成年後見制度・遺言等を 一本化する方向で
  考えられています。

  特徴・性質等から見て
  成年後見よりも柔軟な財産活用が可能であるとか、
  身体障がい者の財産保護・遺言の代わりにも活用することができる
  とか、公的機関や裁判所の関与はいらない等々、

  メリット面がいろいろありますが、

  ただ、身上監護機能がない・遺留分の侵害は許されない・
  課税に注意・不動産登記が必要等 の制約をうけます。
  
  関心のある方は、成年後見制度と比較しながら
  調べてください。

お問い合わせ

TELTEL053-475-9520
FAXFAX053-475-9520
行政書士 中山事務所
担当:中山 勉男
営業時間:09:00~18:00
定休日:土・日曜日 祝祭日
住所:
浜松市 中区 文丘町 30-24-210
詳細はこちら